村上春樹を読むとビールが飲みたく繋がるという個人

村上春樹を読むとビールが飲みたく繋がるという個人がいますが、宮沢賢治を読むと何が飲みたくなるか、わかりますか? それは水だ。ひらがな書きで、「すきとおった」といった形容したくなる清らかな水。どくどくって飲んだり、ごくごくって飲んだり、ストーリーの中の色んなシーンで、キャラたちが水を飲み込むのです。宮沢賢治くんが談話の中で書いている水は、井戸水のことだと思うのですが、現代、何も気にしないでごくごくという飲むのはちっとむつかしいかもしれませんね。井戸水は純化会得が大変ですから。和風は蛇口をひねれば摂取行えるきれいな水が出てくるという恵まれた国々ですから、水道水でがまんください。水道水なら昔思い切り呑みました。体育の上や、部活の舞い戻り、喉が渇くといった、水飲み土俵の水道の蛇口に口をつけて、直接的ごくごくって呑みましたよね。ただの水なのにおいしかったなあ。そういえば宮沢賢治くんの童話のヒーローは少年が多いですよね。水といった少年はとてもしばしば似合います。水道直結型の水素水発生器